講師紹介

  • 日本大学松戸歯学部歯周治療学 教授、日本歯周病学会 副理事長 小方 頼昌 先生
    歯周基本治療の力・歯周病ケアディスカッション

    歯周病検査の結果から診断名を決定し、治療計画に従ってブラッシング指導、スケーリング・ルートプレーニングを中心とした歯周基本治療を行うことで、約8割の歯周病を治癒または病状安定に導くことができます。そのため、歯周基本治療の力を最大限に発揮し、治療終了後にメインテナンスまたはSPTを長期に継続することが重要です。4名の先生方の講演内容を総括し、歯周病ケアディスカッションを会場の皆様とともに行いたいと思います。

略歴

1984年
日本大学松戸歯学部卒業
1988年
東京医科歯科大学大学院修了
1988年
日本大学松戸歯学部助手
1991年
日本大学松戸歯学部講師
1992~1993年
トロント大学歯学部研究員
2001年
日本大学松戸歯学部教授歯周病学講座
2005年
日本大学松戸歯学部教授歯周治療学講座